第57話:受精卵|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】

【パソコンで閲覧の方へ】

当サイトで紹介する『まんが王国』はスマートフォン専用の電子コミックサイトです。

下記のQRコードをスマホで読み取って頂き、電子コミックをお楽しみください。

第57話:受精卵|ふたりは誰かの為に造られた子供!?【ギフト±7巻】

桜田、廣瀬、林医師による密会!

 

真実を追い求める人たちがついに顔を合わせました…。

 

「たまき」という存在にまでたどりついた彼ら、林医師から真琴の存在も明らかになり後はそれぞれの繋がりが気になるところ。

 

ここで林医師から真琴の卵子が冷凍保存されているという事実が明らかに!?

 

そんな重要情報を握っていたなんて驚きです。

 

しかも真琴の死後、彼女の卵子を使い代理出産にて「たまき」が生まれたことまで知っていたなんて。

 

でも、まだ分からないことがありました。

 

彼女はなぜ、生まれてきたのか?

 

答えはズバリ、心臓のため。

 

わざわざ代理出産まで使い生まれた子供、しかし戸籍は無い。

 

ということは人ではなく、臓器のために造られた子供という仮説に三人はたどり着きます。

 

そして真琴、たまき共に極秋会病院つまりは秋光家から回されてきたという事実。

 

これは裏に秋光正が関わっていることを暗に示しています。

 

つまりはこういうこと!

 

秋光正は孫であり跡継ぎになるであろう渉が大切だった。

 

しかし、彼は生まれつき心臓に持病があり移植を必要としていた。

 

そこで秋光正は買春クラブのプティシャトンに臓器提供者を産ませるための女性を探しにいった。

 

直接の臓器提供者でなかったのは渉の年齢的に提供者は子供である必要があったから。

 

そして真琴を見つけ、彼女に産ませた子供が崇で数年後に生まれた子供が「たまき」

 

ふたりの内、「たまき」の心臓が移植に選ばれた理由は不明。

 

ただ、二人の子供は移植するために生まれてきた子供という事実は確か。

 

崇は現在、秋光家に迎え入れられ大学生でありながらも優秀な人材として有名のようです。

 

ここで林医師、ふと気になりました。

 

秋光崇ってもしかして、自分が知っているタカシ!?

 

まだこの時は偶然の一致だと思っていたのですが、まさかつながってくるとはね…。

 

真実まであと一歩のところまでやってきたようです。

 

>>第58話:タブー|あらすじネタバレ

 

裏社会で行われる臓器ビジネスの闇…!
ギフト±(プラスマイナス)
作者:ナガテユカ
>>【スマホ漫画】ギフト±(プラスマイナス)|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「ギフト」で検索してください
今なら1巻まるごと無料!

関連ページ

第58話:タブー|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第58話:タブー|タカシにとって環は大切。これは周知の事実で、誰にも渡したくなくと独占欲は誰にも負けないほど。取り引き相手の林医師にも環のことは一切、秘密にしています。それに最近、環がたくま先生のことを思い出しておかしくなっていることにイライラしっぱなし。
第59話:ハニートラップ|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第59話:ハニートラップ|タカシに犯されかけた環は眠っていたと思っていたのですが、実はちょっと起きていた!?半分は寝ぼけている彼女ですが、パンツは脱がされているしシャツのボタンは取れているし。何より体に触られた感触がハッキリと残っていることから何かされたことは明白。
第60話:リサイクル|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第60話:リサイクル|ホテルでの逢瀬を終えて家に帰ったタカシですが、環に異常が!?何かを決意した様子を見せていた彼女、その内容が驚きのものだったのです。自分の心臓にペースメーカーをつけたい、それが彼女の決意でした。タカシの想いには応えられないけど、彼のことは大事だから心臓をコントロールしたいというのです。
第61話:原点|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第61話:原点|タカシと環、そして加藤が中心となって行われているクジラ狩り。この仕事は一体、どのように始まったのでしょうか?実は初めは高校生のタカシによる、ちょっとした思いつきが始まりでした。兄の渉が心臓移植したのに目を覚まさないことから相続争いに巻き込まれていました。
第62話:選ばれた人間|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第62話:選ばれた人間|環とタカシの関係、これは間違いなく兄妹と言えるでしょう。父親についてはハッキリしていませんが、母親に関しては真琴であることが確定しています。そして、ふたりの生まれた理由は渉に心臓を移植するため。実はこの二人、受精卵の段階で遺伝子操作されたデザイナーベイビーだったのです。
第63話:大物|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第63話:大物|環の手術は無事に成功!タカシほっと一息…とはいかないようです。大学生の彼ですが、色々と忙しい身で今は病院の経営も担っています。そこでしようとしているのが、何かの研究?加藤に指示を出し、色々と設備を整えているもよう。祖父の秋光正の研究を再開させるのが目的のようですが、内容は不明です。
第64話:求めし者|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第64話:求めし者|生きた人間から臓器を取り出す、これって相当な所業であることは確かです。冷静に考えると普通の精神力では務まらない仕事ですが、環は最初から平然とこなしていただけにちょっと感覚がマヒしていました。そんな彼女は初めから平然としていたの?はい、平然としていました。
第65話:見の程|漫画読んだ感想【ギフトプラスマイナス7巻】
第65話:見の程|ペースメーカーの手術後、初めての仕事が入ってきました。相手は国会議員の松川という人物で、児童ポルノの規制を訴えながらも自分が買春をしていたクズ。その上、相手の少女に暴行し死なせることまであるという相当なクズです。政治家としては大物でしたが、横領が発覚して起訴され逃走。